太陽と風の写真館

太陽と風の写真館


高岡伝統産業青年会 ② 林康之さん
2013/07/11

22075

 

 

こんなに清潔で整頓された木工所は

見たことない!というのが初めの印象だった

ハヤシ製作所。

小さい頃から木工所が遊び場で、

中2の頃には先代のお父さんに図面を描いて

家具を発注していたというから驚きです。

 

現代の大量生産が主流の木工では

あまり重要とされない、

木の特性やカンナ使い、のみを研ぐこと。

一つとして同じもののない木目の美しさ

肌触り、使いやすさ、機能性、そして使う喜びを

それぞれの木材に触れ、林さんの手でひとつずつ

丁寧に形にしていきます。

そこで生きるのが、木への知識と、カンナやのみ。

 

生みだされる家具はもちろん、道具から、

廃材のひとつにまで楽しそうに説明してくれる

林さんはきっと中2の時の純粋な気持ちのまま

なんじゃないかと思うのです。

 

 

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・

撮影日    2013年 7月11日

場所     ハヤシ製作所

カテゴリー  ポートレート

道具のひとつまでもが愛されていて、

配置され、しまわれているだけなのに美しい工房でした。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・